仲介手数料が無料になる中古マンションの見分け方

新築無料サポート

06-6627-7007

〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-5-16

仲介手数料が無料になる中古マンションの見分け方

購入のまめ知識

2020/05/16 仲介手数料が無料になる中古マンションの見分け方

仲介手数料が無料になる中古マンションの見分け方
中古マンションの中には仲介手数料を無料でご紹介できる物件と、半額以下(必ず割引)の物件があります。ここでは仲介手数料が無料になる中古マンション見分け方をご紹介いたします。

仲介手数料が無料になる物件

売主様が業者

✅リノベーション(リフォーム)済マンションや一戸建

✅新築建売一戸建住宅

 fee_best

↓↓↓

仲介手数料無料の理由

売主様が業者の場合は、売主様側から仲介手数料を受け取ることができるため、ベスト仲介では買主様であるお客様からの仲介手数料をいただかない(無料にすることができる)仕組みになっています。
不動産検索サイトやチラシなどの不動産広告に、必ずしも「売主は業者です」と書かれている訳ではありません、、、

 売主様が業者かどうかを見分ける方法は?

消費税がかかっている
 中古マンションは、売主様が業者か個人の方かによって、消費税の有無が異なります。 個人の方が売主様の中古マンションは消費税が非課税なのに対し、業者が売主様の物件には消費税がかかるため、消費税の有無で業者か個人の方かを判断することができます。
ただ、消費税は内税で表示するのが慣例となっているので、課税の有無が表記されていないケースが多いので判断しづらいかも知れません。

取引態様が「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」でないこと
不動産広告で、取引態様の項目が「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」になっている物件は、売主様が不動産広告を出している仲介会社1社に売買の仲介を依頼しています。
媒介契約とは、不動産会社と売主様または買主様が取り交わす契約のことで、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」は、1つの不動産会社としか契約を結べません。
取引態様が「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」になっている物件は、売主様側の仲介会社に買主様を紹介する共同仲介となりますので、仲介手数料は半額以下(必ず割引)でのご対応となります。(売主様の手数料は売主様側の仲介会社が受領します)

現況が「空室」か「即入居可」と記載されていること
個人の方が売主様の中古マンションでは、住みながら売りに出されることが多いため、現況が「居住中」と表示されているものが多く見受けられます。業者が売主様の物件は、空室の状態で売りに出されるため「空室」「即入居可」といった表示がされています。個人の方が売主様の中古マンションでも、転居したために「空室」となっている物件もあります。

「空室」も見分け方のひとつの判断材料になる、としてご参考になさってください。

仲介手数料が無料になる物件には、このような見分け方があります。「空室」だけど個人の方が売主様の物件や、消費税が表示されていなかったりと、なかなか判断に迷う場合もあると思いますが、複数の項目を確認してみてください。不動産広告は、どうしても物件価格や間取りなどに目が行きがちで、一見見落としてしまいがちな項目ですが、仲介手数料が無料になる中古マンションの見分け方を参考にすることで、お得な不動産購入が実現するかも知れません!

icon

仲介手数料が無料にならない中古マンション

↑↑こちらもご参考に

お得で丁寧な中古マンション購入

中古マンションを購入する際、売主様が業者であれば仲介手数料は無料になりますが、売主様が業者か?個人の方か?なんてことは不動産検索サイトやチラシ広告などには記載されていませんので、SUUMOなどの不動産検索サイトやチラシ広告などで仲介手数料無料の中古マンションを探したい場合は、上記の見分け方を参考に売主様が業者か個人の方かを判断しましょう。
仲介手数料が無料になる物件の見分け方と、無料にならない物件の見分け方を合わせて参考にしていただくことで、より判断がしやすくなるのではないかと思います。
中古マンションの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

TOP